Education(学歴)

英文履歴書イメージ(学歴)

高校は書かない

学歴は、高校以前のものは記載せず、大学・大学院のみ記載します。 専門学校や高等専門学校、短期大学を卒業している方は、 そちらを記載してください。

新しいものから順に書く

各順序は、卒業の新しいものから順に書いてください。 日本の履歴書は古い順に書きますので、混乱しないようにしてください。

大学名の横には、キャンパスの所在地を記載してください。 さらに、その左端に、入学年月と卒業年月(学位取得年月)を記載します。

学部ではなく、取得学位を書く

また、大学や大学院については、学部や研究科の名前は記載しません。 その替わりに、取得した学位を記載します。 中退して学位を取得していない学校については、ここには記載しません。

学位は原則、略式名称で記載します。 主な学士号の英語略称を紹介します。

英語略称は英語の学位一覧をご覧ください。

その他記載すべき内容

注力分野(Marketingなど)を極力記載しましょう。注力分野の名称は、学校のプログラム内容は選択コース名などに限らず、自由に記載して構いません。

その他、クラブ活動や海外訪問プログラムなど特別な活動がある場合も記載します。

自分で英文レジュメを仕上げる自信のない方へ

ご安心ください。自分で英文レジュメを仕上げることは実は簡単ではありません。

外資系企業に応募する多くの人は実際に知見のある人に英文レジュメを書くアドバイスをもらっています。

特に、ヘッドハンティング会社や転職エージェントでは、無料で英文レジュメの書き方のアドバイスをしてくれます。ぜひ活用してみてください。おすすめは、業界最大手のリクルートエージェントです。迅速な対応が定評です。

英文履歴書(英文レジュメ)の書き方を項目別に学ぶ

PR

ページのトップへ戻る